会社概要

緑を未来につなげたい

ごあいさつ

弊社は設立以来、土木工事、特に法面保護工事、地質工事、交通安全施設工事に携わってまいりました。弊社の設立母体となった、土佐火薬鉄砲(株)において、昭和30年代より法面保護資材の販売に関わってきた実績をもとに、関係各位のご指導を得ながら、ささやかながら高知県土の保全・発展に寄与してまいりました。

本県は山林面積の割合が日本一高く、また、道路整備が遅れていることに加え、南海トラフ地震も近づいていると言われています。こうした状況の中、弊社のノウハウが役立てられるものと考えております。

建設業界を取巻く環境は依然厳しいものではありますが、今後とも県土の発展に貢献していく所存でありますので、引き続きご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

代表取締役社長 土居 祐三
(高知県法面保護協会会長)

会社概要

住所
〒780-0041 高知県高知市入明町3-1
代表者
代表取締役会長 土居 賢太郎
代表取締役社長 土居 祐三
設立
昭和62年1月23日
資本金
2,500万円
許認可
特定建設業許可 高知県知事 許可(特-25)第6017号
土木、とび・土工、鋼構造物、ほ装、しゅんせつ、水道施設
営業品目
法面保護工事、交通安全施設工事、地質工事、その他各種土木工事
技術者
1級土木施工管理技士 5名、2級土木施工管理技士 3名
所属団体
高知県法面保護協会全国法面防災協会全国道路標識・標示業協会
セーフティークライマー協会eフレーム協会
関連会社
土佐火薬鉄砲株式会社
 [産業火薬、各種土木資材販売 日本植生(株)代理店]
写真集合写真
土佐建機ロゴ
土佐建機ロゴ
「青空」の下で輝く緑

沿革

大正12年(1923年)
鉄砲火薬類販売を目的に高知市本町に「高知鉄砲店」設立(店主 土居壽吾郎)
鉄砲火薬類販売を目的に高知市本丁筋(現上町)に「臼井鉄砲店」設立(店主 臼井寿馬)
昭和17年(1923年)
第2次世界大戦中の同業種統合の政策により上記2社が合併
昭和25年(1950年)
株式会社に組織変更し、社名を「土佐火薬鉄砲株式会社」とする
昭和30年代
この時期より、法面を主体とする土木資材販売を開始
昭和49年(1974年)
土居賢太郎 代表取締役社長就任
昭和60年(1985年)
現住所に移転
昭和62年(1987年)
法面施工部門を分離し「株式会社 土佐建機」設立
平成25年(2013年)
資本金2,500万円に増資
土居賢太郎 代表取締役会長就任
土居 祐三 代表取締役社長就任